漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「法」という漢字
「法」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「法」は小学4年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「のり

 ア:「しおき(罰する)」、「刑罰

 イ:「おきて」、「定め」、「規則」、「法律」、「制度」(例:憲法)

 ウ:「手本」、「模範

 エ:「」、「様式」、「礼式」、「決まったやり方」(例:文法、戦法)

②「のっとる(規範として従う)」、「ならう」、「手本とする」、「従う

③「かたどる(物の似せ作る)

④「除数(割り算で割る方の数)

⑤「国名。仏蘭西(フランス)の略」(例:法国)

⑥「のり(仏の道、仏の教え)

⑦「物・心一切の象(現象)」(例:一切諸法)

日本のみで用いられる意味

⑧「のり

 ア:「さしわたし(直径)」

 イ:「傾斜面の程度

②「フラン(フランスの貨幣の単位)

成り立ち

会意文字です(+廌+)。「流れる」の象形と「古代裁判に用いた神獣」の

象形と「人の象形と口の象形」(「祈って人のけがれを除去する」の意味)から

裁判に敗れてけがれた神獣を水に投じて消し去るを意味し、それが

じて(派生して・新しい意味がかれて)、「おきて・法律」を意味する

「法」という漢字が成り立ちました。

※「法」は、「古代裁判に用いた神獣」を省いた略字です。

漢字の成り立ちの歴史背景

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「ホウ」、「ハッ」、「ホッ

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「のっと(る)」、「のり」、「フラン

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「かず」、「つね」、「はかる

画数

8画

部首

氵(さんずい(三水))

「氵」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る