漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「鼎」という漢字
「鼎」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「鼎」は常用漢字外(人名用漢字)です。 「鼎」は部首です。)

成り立ち読み方画数・部首解説
意味

①「かなえ

 ア:「古代、中国の底の深い器。三本足で二つの取っ手がある。
    物を煮るのに用い、また、宗廟(祖先の霊や身分・地位
    の高い人の霊を祭る家屋)に置く宝器とされている。形に
    大小あり、普通は金属製である・石製のものも少しある。
    模様などが刻まれていて、美しい。また、罪人を煮殺す刑具
    としても用いられた


 イ:「夏(カ)の禹王(うおう)が九枚の金を集めてった九つの鼎。
    これを王位伝承の宝器として後代に伝えてから、転じて、
    「王位」、「王が国を統治する行う事業」の意味として
    用いる」(例:鼎運)

 ウ:「鼎の三足を三公(中国の王を補佐する最高の地位の官名)
    にたとえて、「大臣」の地位を言う」(例:鼎位)

②「とうとい(優れて価値があり、尊敬すべきさま)

③「まさに(ちょうど)」、「まさに~しようとする

④「当たる

⑤「易の六十四卦の一つ。物を改める表す漢字

とは、中国の占いの1つです。

六十四卦とは、占いのひとつで儒教の基本経典でもある易で
  用いられる基本図象のを言います。

儒教とは、国は武力ではなく、徳(人間性・性格・考え方を良くするための
  行動で教え導き考え方や行動に影響を与えて、自然にそれを変えさせる
  こと)によって天下を治めるべきであるという思想のを言います。

成り立ち

象形文字です。「かなえの象形」から、「かなえ」を意味する

「鼎」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「テイ」、「チョウ

訓読み:「かなえ

名前(音読み・訓読み以外の読み):「あたる」、「かね」、「ゆたか」、「よし

画数

13画

部首

鼎(かなえ、てい)

「鼎」を含む漢字一覧

部首解説:
「鼎」をもとにして、色々な種類の鼎や鼎の一部分を指す漢字ができている。

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る