漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「慌」という漢字
「慌」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「慌」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「くらい(昏)

 ア:「光が弱い」、「光が少なくて、物がよく見えない

 イ:「目が見えない」、「目がくらむ

 ウ:「意識を失う

②「わずか(かすか)

③「うっとりする(美しいものに気を奪われて、気が抜ける・意識が
  はっきりしなくなる)


④「ぼうっとなる(気が抜ける・意識がはっきりしなくなる)

⑤「忘れる

⑥「あわてる(思いがけないに出会って、ふだんの落ち着きを失う)

⑦「あわただしい

 ア:「落ち着きなく忙しいさま

 イ:「状況の移り変わりが急で、一定しないさま

⑧「切迫している(期日などが間近に迫る)

⑨「恐れる(危険を感じて不安になる)
  (例:恐慌)

成り立ち

会意兼形声文字です(忄()+)。「心臓」の象形(「」の意味)と「

生えの象形と人の死体に何か物を添えた象形と大きな川の象形


(「大きな川が水以外何もない・荒れ果てた草のほか何もない」の意味)

から、「心の中に何もない」を意味する「慌」という漢字が成り立ちました。


読み

音読み:「コウ

訓読み:「あわ(ただしい)」、「あわ(てる)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

12画

部首

忄(りっしんべん(立心偏))

「忄」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る