漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「百」という漢字
「百」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「百」は小学1年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「ひゃく

 ア:「の名前。」(例:百枚、百日)

 イ:「多い」(例:百数)

 ウ:「99」(例:百番目)

 エ:「99ってから、もう行う。もも。
   (例:百度(ひゃくど、ももたび))

 オ:「年齢の「ア」」(例:もうすぐ百の祖母)

 カ:「の「ア」(とはあき言う)

 キ:「もろもろ(多くのもの)。ひゃっ。」(例:百爾、百工)

 ク:「あらゆる(全ての)。ひゃっ。」(例:百般、百爾)

 ケ:「さまざま(がそれぞれっていること)。ひゃっ。
   (例:百態、百花繚乱)

成り立ち

形声文字です(+)。「1の横線」(「ひとつ」の意味)と

または、日光または、どんぐりの」の象形

(「白い」の意味だが、ここでは、「」に通じ、「ひろい」の意味)

から、大きひゃく」を意味する「百」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちの歴史背景

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「ヒャク」、「ハク

訓読み:「もんど」、「ひゃく」、「ひゃ(っ)」、「なり」、「どう」、
     「もも」、「」、「

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「」、「はげむ」、「

画数

6画

部首

白(しろ)

「白」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る