漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「浅/淺」という漢字
「浅/淺」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「浅」は小学4年生で習います。「淺」は常用漢字外です。)

成り立ち読み方画数・部首書き順(浅)
意味

①「あさい」(反意語:)

 ア:「表面からまでの距離が短い。あさ。せん。
   (例:浅い、浅瀬、浅海)

 イ:「からまでの距離が短い
   (例:浅い洞窟)

 ウ:「の程度や重量・・割合少ない。せん。
   (例:経験が浅い、浅学)

 エ:「薄い。あさ。せん。」(例:浅い、浅緑)

 オ:「関わり少ない」(例:いが浅い)

 カ:「親切、丁寧でない。がこもっていない。かわいがって
    大事にする気持ちがない。


 キ:「その状態になってからや時間が少ししかっていない
   (例:入学してから日が浅い)

 ク:「香り淡い(薄い)

 ケ:「身分が低い」、「っている

 コ:「考え足りない」(例:浅はか)

②「あさくする(ある状態や程度を次第にくする・くする)
  (例:繋がりを浅くする、水深を浅くする)

③「あさくなる(ある状態や程度が次第にくなる・くなる)
  (例:関係が浅くなる、水深が浅くなる)

③「

成り立ち

会意兼形声文字です(氵()+戔)。「流れる」の象形(「」の意味)と

重ねりこんでずたずたにする」象形(「かに切る」の意味)

から、うすいを意味し、そこから、「あさい」を意味する「浅」という

漢字が成り立ちました。

※「淺」は「浅」の旧字(以前に使われていた)です。

※「浅」は「淺」の略字です。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえますので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「セン

訓読み:「あさ(い)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「あざ

画数

9画」(浅)

11画」(淺)

部首

氵(さんずい(三水))

「氵」を含む漢字一覧

書き順・書き方(浅)
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る