漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「尚/尙」という漢字
「尚/尙」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「尚」は中学生で習います。「尙」は常用漢字外です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「こいねがう(強く願う)」、「希望する」、「頼む

②「こいねがわくは(あるを強く希望する 気持ちを表す)

③「好む(好きだと感じる)」(例:好尚)

④「尊ぶ(たっとぶ、とうとぶ)(価値のあるもの・優れとして、
  尊敬する)


⑤「貴ぶ(たっとぶ、とうとぶ)(価値があるとして大切にする)

⑥「高い」、「高くする

⑦「加える」、「そえる

⑧「久しい(長い時間がたっている)」、「古い

⑨「遠い

⑩「めとる(妻として迎える)。特に天子(国を治める)の娘をめとる
  事を言う
」(例:尚主)

⑪「なお

 ア:「状態や程度がいちだんと進むさま。さらに。もっと。いっそう。

 イ:「以前の状態がそのまま続いているさま。相変わらず。やはり。まだ。

 ウ:「現にある事に付け加えるべきものがあるさま
   (例:なお修正できる部分がある)

 エ:「ふつう、考えられない、またはあってはならないようなことが
    起こる意味を表す。さえ。すら。


 オ:「あたかも(あるものが他によく似ていることを表す。まるで。
    まさしく。ちょうど。


⑫「つかさどる(役目とする)。特に天子(国を治める)の衣服と食べ物
  についていう


成り立ち

会意文字です(+)。「神の気配」の象形と「屋内で祈る」象形から

請い願う」、「たっとぶ」を意味する「尚」という漢字が成り立ちました。

※「尙」は「尚」の旧字(以前に使われていた)です。


読み

音読み:「ショウ

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「くわ(える)」、「たっと(ぶ)」、「とうと(ぶ)」、「なお

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
さね」、「たか」、「たかし」、「なか」、「なり」、「ひさ」、
ひさし」、「まさ」、「まし」、「ます」、「よし」、「より

画数

8画」(尚・尙)

部首

①「(しょう、しょうがしら(小頭)、なおがしら(尚頭))

「小・⺌」を含む漢字一覧

②「口(くち、くちへん(口偏))

「口」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る