漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「敷」という漢字
「敷」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「敷」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「しく

 ア:「一面に平らに広げる

 イ:「一面に平らに並べたり、まき散らしたりする

 ウ:「物を載せるために平らにして下に置く

 エ:「下に押さえつける」(妻の尻に敷かれる)

 オ:「設置する

 カ:「配置する

 キ:「隅々まで行き渡らせる

 ク:「広く行き渡る」、「一面に広がる

 ケ:「世の中や家の中を秩序(法律・決まり)のある状態にする

②「広く」、「すべてにわたって

③「大き

④「非常に」、「たくさん

日本のみで用いられる意味

⑤「しき

 ア:「しきもの(一面に平らに広げる)

 イ:「保証として差し出すお金(借り手が家賃を払わなかったり、
    設備を壊したりしても貸し手に不利益が発生しないように
    預けておくお金)
」(例:敷金)

成り立ち

会意兼形声文字です(旉+攵(攴))。「草の芽の象形と耕地(田畑)の象形と

右手の象形
」(「稲の苗をしきならべる」の意味)と「ボクッという音を表す

擬声語と右手の象形
」(「ボクッと打つ・たたく」の意味)から、「しく」を

意味する「敷」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
【漢字の謎 解明講座】の資料も合わせてもらってみて下さい。

ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。

また、古代中国の歴史がイメージできるアニメの絵も
あって
とてもわかりやすかったです。

講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「

訓読み:「し(く)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「しき」、「つら」、「のぶ」、「ひら

画数

15画

部首

攵(のぶん(ノ文)、ぼくづくり(攵旁)、ぼくにょう(攵繞))

「攵」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る