漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「響/響」という漢字
「響/響」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「響」は中学生で習います。「響」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「ひびき

 ア:「音が広がり伝わること。また、その音」(例:音響)

 イ:「ものに反射して聞こえる音や声」(例:反響)

 ウ:「

 エ:「耳に受ける音や声の感じ」、「余韻」(例:残響)

 オ:「振動

 カ:「評判

 キ:「他に反応・変化を生じさせること」(例:影響)

②「ひびく(ひびきが広がる)

③「たより(情報、手紙、知らせ)

成り立ち

会意兼形声文字です(()+)。「ごちそうを真ん中にして二人が向き合う

象形(「向き合う」の意味)と「取っ手のある刃物の象形と口に縦線を加えた

文字
」(「音(おと)」の意味)から、向き合う音、すなわち、「ひびき」、「ひびく

を意味する「響」という漢字が成り立ちました。

※「響」は同字(漢字の異なるが、同じ意味で、の規則(決まり)
 では認められている漢字)です。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載されて
いて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージできる
アニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。漢字の面白さ
が無限に広がる、もらって大満足
の資料となっております。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって感動・大満足!!!
【漢字の謎 解明講座】の
無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「キョウ

訓読み:「ひび(く)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「おと

画数

20画」(響)

22画」(響)

部首

音(おと、おとへん(音偏))

「音」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る