漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「束」という漢字
「束」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「束」は小学4年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「たば(ひとまとめにくくったもの)」、

②「たばねた数える」(例:○束)

③「織物は十反で、一束

④「矢は、十二本、または、五十本、または、百本で一束

⑤「たばねる(つかねる)」、「くくる」、「縛る」(例:束縛)

⑥「つなぐ」、「引き止める」(例:拘束)

日本のみで用いられる意味

⑦「ソク

 ア:「稲十把(じっぱ)
   (把は、束になっているものについて用いる単位)

 イ:「紙十帖(じょう)」(紙によって一帖の数が異なります。
   半紙一帖=20枚、美濃紙一帖=48枚、チリ紙一帖=100枚)

⑧「つか

 ア:「四本の指の一握り

 イ:「わずか」、「少しの時間」(例:束の間)

 ウ:「束柱(つかばしら)の略。」(束柱は短い縦材のを言い、
   造建築において、梁と棟木との間や床下など様々 な部位に
   用いられています。)

成り立ち

象形文字です。「たきぎを束ねた」象形から「たばねる・しばる」を

意味する「束」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「ソク

訓読み:「たば」、「たば(ねる)

常用漢字表外:「つか」、「つか(ねる)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
」、「さと」、「つかぬ」、「つかね

画数

7画

部首

木(き、きへん(木偏))

「木」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る