漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「職」という漢字
「職」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「職」は小学5年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「つかさどる(役目・任務として取り扱う)」、「つとめ(任務、義務)とする

②「つかさ(役目)」(例:官職)

③「つとめ(任務、義務)

④「くらい(地位)」、「官位

⑤「働き」、「わざ」、「仕事」(例:職人)


⑥「貢ぎ物(支配者が税として被支配者から取り立てるもの、
  属国が君主国に献上する品物)


⑦「取り立て

⑧「」、「税金

⑨「もっぱら(ひたすら、主として)

⑩「しるす(書きつける、覚える)

⑪「くい(地中に打ち込む木の支柱)

日本のみで用いられる意味

⑫「シキ(大宝令で定められた役所の1つ)」(例:中宮職)

成り立ち

形声文字です(+戠)。「」の象形と「枝のある木に支柱を添えた象形

とはた織りの器具の象形
」(はたをおるの意味だが、ここでは、「識(ショク)」

通じ(同じ読み持つ「識」と同じ意味を持つようになって)、「他と区別

して知る
」の意味)から、よく聞きわきまえるを意味し、それがじて

(派生して・新しい意味がかれて)、「細部までわきまえ努める仕事

を意味する「職」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「ショク

常用漢字表外:「シキ

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「つかさ」、「つかさど(る)」、「つと(め)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「つね」、「もと」、「よし」、「より

画数

18画

部首

耳(みみ、みみへん(耳偏))

「耳」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る