漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「背」という漢字
「背」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「背」は小学6年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「」(同意語:)

 ア:「動物の胴体の両肩からあたりまでの部分で、
    と反対の
」(例:背中)

 イ:「後ろ」、「

 ウ:「がって連なっている部分」(例:山の背)

 エ:「頭頂から足元までの長さ。身長。せい。」(例:背丈)

 オ:「書物のとじ込みのあるの外面。書名・著者名などが
    記入される


②「はい

 ア:「動物の胴体の両肩からあたりまでの部分で、
    と反対の
」(例:背筋)

 イ:「後ろ」、「」(例:背面)

 ウ:「「ア」を向ける」(例:背走)

 エ:「そむく」(例:背信)

 オ:「物事の正しい順序に反する」(例:背徳)


④「向ける」、「後ろにする

⑤「そむく

 ア:「取り決めたことや目上の考え・命令などにわずに
    反抗したり反対したりする。逆らう
」、「裏切る

 イ:「世間や、あるのもとから離れ行く去る

 ア:「向きになる」、「背中を向ける

 ウ:「見捨てる」、「

 エ:「死ぬ

⑥「そむける

 ア:「視線やをそらす(向かうべき方向とはの方向に向ける)

 イ:「離す


成り立ち

会意兼形声文字です(+月()。「2人のが背を向けている」象形

(「そむく」の意味)と「った」の象形から、「背中」を意味する

「背」という漢字が成り立ちました。


日本語も合わせて学んでみよう!

漢字と関わりの深い日本語を学んで、
漢字の知識をもっと深めてみませんか?

世界中の人々に、日本語/漢字の歴史・魅力(素晴らしさ)
を伝えられるようになりますよ(^^♪

講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえる
ので、今すぐ、資料請求してみて下さい。


⇒【日本語教師入門講座】
無料資料申し込みはこちら



読み

音読み:「ハイ

訓読み:「」、「せい」、「そむ(く)」、「そむ(ける)」

常用漢字表外:「うしろ

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「しろ」、「のり

画数

9画

部首

月(つき、つきへん(月偏)、にくづき(肉月))

「月」を含む漢字一覧

書き順・書き方
美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶん ペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツが細かく記載されている
ので、とても美しい漢字が書けるようになりました。

他人からも《キレイな字だね》って褒められて、
すごく嬉しかった
です。

日本ペン習字研究会 会長:田中鳴舟先生が、

◇左右対称になる美しい漢字の書き方

◇バランスの良い漢字の書き方

◇美しい漢字を書く為の訓練法

非常に細かく解説してくれており、
それ(プロの教え)を実践したおかげだと強く感じました。

講座の受講は有料ですが、資料は無料
もらえるので、今すぐ、資料請求してみて下さい。

≪とても美しい漢字≫が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る