漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「潤」という漢字
「潤」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「潤」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「うるおう

 ア:「ほどよい水分を帯びる」、「水分が行き渡る」、「ぬれる」、「湿る

 イ:「利益や恩恵(幸福や利益をもたらすもの)を受ける

 ウ:「豊かになる」、「ゆとりができる」(例:財布の中が潤う)

 エ:「増す」、「増える

 オ:「飾りが加わって立派になる

 カ:「つや(物の表面から出る光、なめらかで張りのある美しさ)
    がある
」(例:潤色)

②「うるおす

 ア:「ほどよい水分を与え」、「ぬらす」、「湿らせる

 イ:「利益や恩恵を与え

 ウ:「豊かにする

③「うるおい

 ア:「適度の水分を含むこと

 イ:「利益」、「恩恵

 ウ:「金銭的に余裕ができること」、「豊かになること

 エ:「性格が落ち着いていて、優しく穏やかなこと

日本のみで用いられる意味

④「うるむ

 ア:「湿り気を帯びる」、「水分を帯びて曇ったようになる」、
   「物がぼやけて見える」(例:霧で町が潤む)

 イ:「目に涙がにじむ

 ウ:「涙で声がはっきりしなくなる

 エ:「打たれたりつねられたりして、皮膚が青黒くなる

 オ:「色つやが薄れる」、「物の色や形がはっきりしなくなる

成り立ち

会意兼形声文字です(氵()+)。「流れる」の象形(「」の意味)と

左右両開きになる戸の象形と3つの玉を縦ひもで貫き通した象形

(「宝石」の意味)
」(門内に財貨があふれ「家がうるおう」の意味)から、

(水気を含んで)うるおう」を意味する「潤」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえますので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「ジュン

訓読み:「うるお(う)」、「うるお(す)」、「うる(む)

常用漢字表外:「ほと(びる)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
うるう」、「さかえ」、「ひろ」、「ひろし」、「まさる」、「ます」、「みつ

画数

15画

部首

氵(さんずい(三水))

「氵」を含む漢字一覧

合わせてチェックしてみよう
」、「」、「」、「」、「」、「」、「」、「

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る