漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「支」という漢字
「支」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「支」は小学5年生で習います。「支」は部首です。)

成り立ち読み方画数・部首解説書き順・書き方
意味

①「ささえる

 ア:「ある状態が崩れないように、もちこたえる(維持する)

 イ:「防ぎ止める

 ウ:「倒れたり落ちたりしないように、何かを当てておさえる

 エ:「精神的・経済的に助ける」(例:支援)

②「ささえ」、「支柱

③「分かれる」、「離れる」、「分け

④「分かれ」、「分かれた

 ア:「分家(家族の一員が、その所属していた家から分かれて
    新しく家を構えること)


 イ:「正式に結婚している夫婦間で生まれていない子供

 ウ:「支流(大もとから分かれた系統)

 エ:「割符(木片・竹片・紙片などに文字を記し、証印を押して二つ
    に割ったもの)


⑤「えだ」、「の枝

⑥「手足

⑦「十二支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の総称)

⑧「払う」、「支払う」(例:収支)

⑨「計算する

日本のみで用いられる意味

⑩「支那(中国に対する旧呼称)の略称」(例:日支)

⑪「つかえ(の進行を妨げるような事情)」(例:差し支え)

⑫「つかえる(先へ進めない状態になる、とどこおる、ふさがる)

成り立ち

象形文字です。「竹や木の枝を手にする」象形から、「ささえる」、

枝を払う」、「分ける」を意味する「支」という漢字が成り立ちました。


読み

音読み:「

訓読み:「ささ(える)

常用漢字表外:「か(う)」、「つか(える)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「なか」、「もろ」、「ゆた

画数

4画

部首

支(し、しにょう(支繞)、えだにょう、じゅうまた(十又))

「支」を含む漢字一覧

部首解説:
「支」をもとにして、「枝分かれする」の意味を表す漢字ができている。

書き順・書き方
美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶん ペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツが細かく記載されている
ので、とても美しい漢字が書けるようになりました。

他人からも《キレイな字だね》って褒められて、
すごく嬉しかった
です。

日本ペン習字研究会 会長:田中鳴舟先生が、

◇左右対称になる美しい漢字の書き方

◇バランスの良い漢字の書き方

◇美しい漢字を書く為の訓練法

非常に細かく解説してくれており、
それ(プロの教え)を実践したおかげだと強く感じました。

講座の受講は有料ですが、資料は無料
もらえるので、今すぐ、資料請求してみて下さい。

≪とても美しい漢字≫が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る