漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「獲」という漢字
「獲」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「獲」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「える(狩りをして魚や鳥獣を捕まえる)」(例:漁獲、捕獲)

②「取る」、「取り入れる

③「ぶんどる」、「奪い取る

④「えられる

 ア:「捕えられる

 イ:「信じられる」、「認められる」、「気に入られる

⑤「狩りや他人から奪い取って手に入れたもの」(例:獲物)

⑥「召使いの女(雇われて雑用をする女)

[得・獲の使い分け](える)

」・・・「手に入れる、自分のものにする。」(例:信頼を得る)

」・・・「狩りをして魚や鳥獣を捕える、捕まえる。」(例:魚を獲る)

成り立ち

会意兼形声文字です(犭()+蒦)。「耳を立てた犬」の象形と「小鳥」の象形

と「」の象形から、「犬を使って鳥獣をとるを意味する「獲」という漢字が

成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載されて
いて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージできる
アニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。漢字の面白さ
が無限に広がる、もらって大満足
の資料となっております。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって感動・大満足!!!
【漢字の謎 解明講座】の
無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「カク

訓読み:「え(る)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「みのる

画数

16画

部首

犭(けものへん(獣偏)、いぬへん(犬偏))

「犭」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る