漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「補」という漢字
「補」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「補」は小学6年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「おぎなう

 ア:「つくろう(衣服の破れところを他の布を使って直す)

 イ:「破損した所を直す

 ウ:「増す」、「足す」、「埋め合わせる」(例:補充、補欠)

 エ:「助ける」(例:補助)

②「おぎない」、「不足を満たす事

③「ぬいとり(明、清の時代に官服の胸と背につけたしるし。
  また、そのしるしのついた官服)


④「官職を授ける」(例:補任)

成り立ち

形声文字です(衤()+)。「衣服のえりもと」の象形(「衣服」の意味)と

手にムチを持つ象形(「」の意味)と甬鐘(ようしょう)という鐘の象形(柄を

持って「もちいる」の意味)」(「男子の美称」の意味を持つが、ここでは、

「扶(ホ)」に通じ(同じ読み持つ「扶」と同じ意味を持つようになって)、

手をかし助ける」の意味)から、衣服のほころびを他の布を借りて、

つくろう」、「おぎなう」、「助ける」を意味する「補」という漢字が成り立ちました。


読み

音読み:「

常用漢字表外:「

訓読み:「おぎな(う)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
さだ」、「すけ」、「たすく」、「ます」、「みつ

画数

12画

部首

衤(ころもへん(衣偏))

「衤」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶん ペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツが細かく記載されている
ので、とても美しい漢字が書けるようになりました。

以前は、《字が読みづらい》と指摘される事も多かった
のですが、無料資料に書いてある内容を実践して
からは、《キレイな字だね》と褒められてるように
なり、すごく嬉しかった
です。

日本ペン習字研究会 会長:田中鳴舟先生が、

◇左右対称になる美しい漢字の書き方

◇バランスの良い漢字の書き方

◇美しい漢字を書く為の訓練法

非常に細かく解説してくれており、
それ(プロの教え)を実践したおかげだと強く感じました。

読みづらくて汚い字だと、周りの評価も低くなってしまう
ので、参考にしてみて下さいね。


≪とても美しい漢字≫が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る