漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「透」という漢字
「透」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「透」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「すく

 ア:「すきまが生じる

 イ:「物を通して、中や向こう側が見える」(例:川底まで透く)

 ウ:「物の間を通り抜ける」(例:木の間を透いて光が見える)

②「すきとおる」、「とおる」、「とおす

 ア:「物を通して、中や向こう側が見える

 イ:「声や音がはっきりしていて、よく聞こえる

③「すける(物を通して、中や向こう側が見える)

④「すかす

 ア:「すきまを作る

 イ:「時間を空ける」(例:手を透かす)

 ウ:「タイミングをはずして、相手の勢いを弱める」(例:出鼻を透かす)

 エ:「中や向こう側が見えるようにする

 オ:「音を立てないで、おならをする

⑤「広範囲に行き渡る」(例:浸透)

⑥「漏れる(秘密などが他に知れる、当然あるべき物がない)」(例:透漏)

成り立ち

会意兼形声文字です(辶(辵)+)。「立ち止まる・十字路の象形

(「行く」の意味)と「穂先が茎の先端にたれかかる稲の象形と伸び

弓の象形
」(「長く伸びる」の意味)から、「つきぬける」、「すける」を

意味する「透」という漢字が成り立ちました。



読み

音読み:「トウ

訓読み:「す(かす)」、「す(く)」、「す(ける)

常用漢字表外:「とお(る)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
すく」、「」、「とうる」、「とおる」、「ゆき

画数

10画

部首

辵・辶・⻌(しんにょう(之繞)、しんにゅう(之繞))

「辵(辶・⻌)」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る