漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「奇」という漢字
「奇」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「奇」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「めずらしい」、「かわっている」(例:珍奇、奇抜)

②「あやしい」(例:奇怪)

 ア:「不思議

 イ:「気持ちが悪い

 ウ:「疑わしい」、「信頼できない

 エ:「不安である

 オ:「めずらしい」、「かわっている

③「優れている」(例:奇麗)

④「ひとつ」、「2つ1組で存在するの片方

⑤「2で割り切れない数」(反意語:偶)

⑥「余り」、「残り

⑦「幸せ」、「不運」(例:数奇)

成り立ち

会意兼形声文字です(+)。「両手両足を広げた」の象形と「口の

象形と口の奥の象形
」(「かぎ型に曲がる」の意味)から、「かわって

いる(変人)
」を意味する「奇」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちの歴史背景

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「あや(しい)」、「く(し)」、「めずら(しい)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「」、「くし」、「くす」、「より

画数

8画

部首

大(だい、だいかんむり(大冠)、だいがしら(大頭))

「大」を含む漢字一覧

漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る