漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「憶」という漢字
「憶」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「憶」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「おもう(思)」、「おもい」、「考え」(例:追憶)

②「覚える」、「記憶する

③「おしはかる(見当をつける、推測する)」(同意語:臆)(例:憶測)

成り立ち

会意兼形声文字です(忄()+)。「心臓」の象形と「取手のある刃物の象形と

口の象形に縦線を加えた象形(「音」の意味)と心臓の象形
」(「言葉になる前

思い
」の意味)から、「おもう」、「記憶する」を意味する「憶」という漢字が

成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載されていて
感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージできるアニメの絵
もあって
とてもわかりやすかったです。講座の受講は有料ですが、
資料は無料でもらえるので、ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】の
無料資料申し込みはこちらです




読み

音読み:「オク

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「おぼ(える)」、「おも(う)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「しめ」、「ぞう

画数

16画

部首

忄(りっしんべん(立心偏))

「忄」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る