漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「尽/盡」という漢字
「尽/盡」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「尽」は中学生で習います。「盡」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「つきる

 ア:「次第に減って、なくなる

 イ:「続いていたものが終わる

 ウ:「死ぬ」、「命がなくなる

 エ:「それで全てが言いつくされる」(例:感動の一言に尽きる)

 オ:「最後までそのままの状態である」(例:彼女の話しはぐちに尽きた)

②「つくす

 ア:「そのことのために全部を使ってしまう」、「ある限りを出し切る

 イ:「きわめる(限界まで至らせる)

 ウ:「果たす(を最後まで終わらせる)

 エ:「他の者のために精一杯働いたり努力したりする」(例:尽力)

 オ:「皆殺しにする

③「ことごとく(すべて、全部、みな)

④「つごもり(月の最後の日)。陰暦(旧暦)で、月の30日を大尽、
  29日を小尽という。


成り立ち

会意文字です(聿+)。「はけを手にした」象形と「うつわ」の象形から、

うつわの中をはけではらって空にするさまを表し、そこから、

つきる」、「なくなる」を意味する「尽」という漢字が成り立ちました。

※「尽」は「盡」の略字です。

※「盡」は「尽」の旧字(以前に使われていた)です。


読み

音読み:「ジン

訓読み:「つ(かす)」、「つ(きる)」、「つ(くす)

常用漢字表外:「ことごと(く)」、「すが(れる)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「みな

画数

6画」(尽)

14画」(盡)

部首

「尽」の部首
尸(かばね、しかばね、しかばねかんむり(尸冠))

「尸」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る