漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「粋/粹」という漢字
「粋/粹」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「粋」は中学生で習います。「粹」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「まじりけがない(他のものがまざっていない)

②「もっぱら(他のは関わらないで、ある一つのに集中するさま)

③「完全」、「欠点がない

④「質(中身・内容)が良い。また、その部分」、「もっとも質が良い部分

⑤「くだける」、「くだく」(同意語:砕)

日本のみで用いられる意味

⑥「スイ」、「いき」(反意語:野暮)

 ア:「世の中の様子や人の気持ちについてよく理解している
   (例:粋な計らい)

 イ:「遊里(風俗業界)や芸能業界、飲食業界など、業界の情を
    よく知っており、言動や動作が慣れている
」(例:粋な店)

 ウ:「色気(異性をひきつける魅力)がある

成り立ち

会意兼形声文字です(+卆())。「稲の実の象形と稲の穂の枝の象形

(「」の意味)と「衣服のえりもとの象形の下部に一を付した文字

(「死ぬ・おわる・完全」の意味)から、完全に精米した米(玄米から外皮を

取り除いた米)を意味し、そこから、「まじりけがない」を意味する

「粋」という漢字が成り立ちました。

※「粋」は「粹」の略字です。

※「粹」は「粋」の旧字(以前に使われていた)です。


読み

音読み:「スイ

訓読み:「いき

名前(音読み・訓読み以外の読み):「きよ」、「ただ」、「よし

画数

10画」(粋)

14画」(粹)

部首

米(こめ、こめへん(米偏)、よねへん(米偏))

「米」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る