漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「充」という漢字
「充」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「充」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「みちる(いっぱいになる、ある基準・数量まで達する)」、
  「みたす(いっぱいにする、ある基準・数量まで増やす)」(例:補充)

②「あてる(人員や金品などを、ある目的のに割りあてる)」(例:充当)

③「あたる(人員や金品などが、割りあたる)

④「ふさぐ」、「おおう」、「ふさがる

⑤「備える(これから先に起こる態に対応きるように準備しておく)

⑥「備わる(必要なものが不足なくそろっている、設備・装置などが
  用意してある)


⑦「多い」、「こみ入っていて複雑である」(例:充棟)


[充・当の使い分け](あてる)

」・・・「割りあてる場合に用いる」(例:収入を借金返済に充てる)

」・・・「すべての場合に用いる」(例:収入を学費に当てる、光を当てる)

成り立ち

会意兼形声文字です(の省略形+儿)。「女性が子を産む」象形の

省略形(「はぐくむ」の意味)と「」の象形から、って成人になる

を意味し、そこから、「みちる」を意味する「充」という漢字が成り立ちました。


読み

音読み:「ジュウ

常用漢字表外:「シュウ

訓読み:「あ(てる)

常用漢字表外:「み(たす)」、「み(ちる)」、「み(つ)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
あつ」、「たかし」、「ただ」、「まこと」、「みち」、「みつ」、「みつる」、「よし

画数

6画

部首

①「亠(なべぶた(鍋蓋)、けいさんかんむり(卦算冠))

「亠」を含む漢字一覧

② 「儿(ひとあし(儿脚)、にんにょう(儿繞))

「儿」を含む漢字一覧

漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る