漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「柵」という漢字
「柵」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「柵」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「やらい(矢来)(木や竹を編んでった垣根(家や庭の区画を
  限るための囲いや仕切り)


②「しがらみ

 ア:「水流をせき止めるために、川の中にくいを打ち並べて、それに
    木の枝や竹などを横に結びつけたもの。


 イ:「引き留め、まとわりつくもの」、「じゃまをするもの

③「木を立て並べてつくった小規模の防壁」、
  「とりで(本城の外の要所に築く小規模な城、外敵の攻撃を防ぐ
  ための建造物)


成り立ち

会意兼形声文字です(+)。「大地を覆う」の象形と「文字を書き

つけるに、ひもで編んだ札
」の象形(「並べた札」の意味)から、

木や竹を編んでった垣根(家や庭の区画を限るための囲いや

仕切り)
」を意味する「柵」という漢字が成り立ちました。


漢字の成り立ちの歴史背景

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「サク

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「しがらみ」、「とりで」、「やらい

画数

9画

部首

木(き、きへん(木偏))

「木」を含む漢字一覧

合わせてチェックしてみよう
」、「

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る