漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「燭」という漢字
「燭」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「燭」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「()」

 ア:「庭でたく火

 イ:「かがり火(夜間の警備・照明や漁猟などのためにたく火)

 ウ:「ともしび・あかり(あたりを明るくするためにともした火)」(例:燭光)

 エ:「ろうそくの火」(例:燭台)

②「てらす()」

③「ひかるさま()」

日本のみで用いられる意味

④「ショク(光の明るさを表す単位)

成り立ち

会意兼形声文字です(+蜀)。「燃え立つ」の象形と「大きな目を持ち、

桑にむらがり動く不快な虫、あおむし
」の象形(「あおむし」の意味だが、

ここでは、「つづく」の意味)から、燃え続く火「ともしび」を意味する

「燭」という漢字が成り立ちました。


読み

音読み:「ショク」、「ソク

訓読み:「ともしび

名前(音読み・訓読み以外の読み):「あきら」、「てる

画数

17画

部首

火(ひ、ひへん(火偏))

「火」を含む漢字一覧

合わせてチェックしてみよう
」、「

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る