漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「究」という漢字
「究」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「究」は小学3年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「きわめる」、「最後まで探る

②「きわまる」、「極限に達する

③「きわまり」、「果て」、「終わり

④「謀る(はかる)(計画する)」、「考え」(例:考究)

[究・窮・極の使い分け]

」・・・「最後まで調べあげる。
     (例:真相を究める)

」・・・「可能な限度まで進む
     (例:困難を窮める)

」・・・「これより先はないというところまで行き着く
      (例:頂上を極める)

実際には、「窮」と「極」については、特に分けず、両方を用いている。

成り立ち

会意兼形声文字です(+)。「穴居生活の住居」の象形と「屈曲して

尽きる
」象形(「尽きる」、「きわまる」の意味)から穴を「つきる・きわめる

を意味する「究」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちの歴史背景

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「キュウ

常用漢字表外:「

訓読み:「きわ(める)

常用漢字表外:「きゅ

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
きわむ」、「さた」、「さだ」、「すみ」、「ふかし」、「

画数

7画

部首

穴(あな、あなかんむり(穴冠))

「穴」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る