漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「牧」という漢字
「牧」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「牧」は小学4年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「牛を飼う人」、「馬を飼う人」(例:牧童)

②「まき、まきば(牛・馬・羊などを放し飼いする所。
  また放し飼いする)
」(例:遊牧、放牧)

③「つかさ(役目を担当する、役人)」、「つかさどる(役目を
  担当する、支配する)
」、「治める

 ア:「州の長官」、「地方長官

 イ:「田地をつかさどる役人

 ウ:「舟をつかさどる役人

④「郊外」、「町はずれ

⑤「放牧に適している

⑥「養う」、「動物を養う

⑦「修養する(学問を修め精神をみがき、人格を高めるよう努力する)

成り立ち

会意文字です(牜()+攵(攴))。「角のある牛」の象形と「ボクッという

音を表す擬声語・右手の象形
」(「手でボクッと打つ」意味)から「牛を

飼う人
」を意味する「牧」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「ボク

常用漢字表外:「モク」、「ボウ

訓読み:「まき

常用漢字表外:「か(う)」、「つかさ」、「やしな(う)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

8画

部首

①「(うし、うしへん(牛偏))

「牛・牜」を含む漢字一覧

②「攵(のぶん(ノ文)、ぼくづくり(攵旁)、ぼくにょう(攵繞))

「攵」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る