漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「費」という漢字
「費」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「費」は小学4年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「ついやす(あることを成し遂げるに金銭・ 時間・労力などを使う
  また、使ってなくす)
」(例:浪費)

②「ついえる(減る、なくなる)

③「ついえ(費用、出費)

④「むだづかい」(例:浪費)

⑤「用途が広い

⑥「春秋時代、魯(ろ)の国の地名。今の山東省魚台県の西南

成り立ち

会意兼形声文字です(弗+)。「からまるヒモを2本の棒で振り払う」象形

(「ふりはらう」の意味)と「子安貝(貨幣)」の象形から、「貨幣を

振り払う
」・「浪費」を意味する「費」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「

訓読み:「つい(やす)」、「つい(える)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「もち

画数

12画

部首

貝(かい、かいへん(貝偏)、こがい)

「貝」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る