漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「然」という漢字
「然」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「然」は小学4年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「しかり

 ア:「そのとおり

 イ:「~のようである

②「しかりとする(認める)

③「しかする(そのようにする)

④「しこうして」、「しかして

 ア:「それほど」、「たいして

 イ:「そして」、「それから

⑤「しかるに

 ア:「それにもかかわらず」、「それなのに」、「ところが

 イ:「さて」、「ところで」、「そうした所」、「すると

⑥「しかれども(そうではあるが、けれども、それにもかかわらず)

⑦「しからば(それならば)

⑧「しかれば(それだから)

⑨「すなわち

⑩「しかく・しか(そのように)

⑪「しかも(その上、なおかつ)

⑫「句末に用いる助字。断定、推測の意味を表す

⑬「他の語の下について状態を表す語を作る」(例:泰然、悠然)

⑭「燃える」、「燃やす

成り立ち

会意文字です。「った」の象形と「耳を立てた犬」の象形

と「燃え立つ」の象形から、いけにえとしての犬の肉を火で焼く、

すなわち、「もやす」を意味する「然」という漢字が成り立ちました。

借りて(同じ読みの部分に当て字として使って)、「しかり(そのとおり)」、

しかも」、「そして」の意味も表すようになりました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「ゼン」、「ネン

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:
しか(し)」、「しか(も)」、「しか(り)」、「も(える)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
なり」、「のり」、「もえ

画数

12画

部首

灬(れっか(列火)、れんが(連火))

「灬」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る