漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「介」という漢字
「介」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「介」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「助ける」、「助け」、「助ける
  (例:介添)

②「なかだちする(二者の間に立って、事がうまくまとまるように
  手助けする)
」、「なかだち」、「仲人(なかだちする)
  (例:仲介、紹介)

③「へだたる(離れる)

④「へだてる(距離を置く)」、「区切る」、「分け

⑤「はさむ」、「はさまる」、「間にある」(例:介在)

⑥「物の端」、「境目」、「すぐそば

⑦「よろい」、「よろいをつける」(例:介甲)

⑧「甲羅(こうら)」(例:介虫)

⑨「堅い」、「堅く守る」(例:介心)

⑩「ひとり」、「ひとつ」(例:孤介)

⑪「よる(それを原因とする)

⑫「頼る」(例:介恃)

⑬「大き」、「大きくする」(例:介福)

⑭「物を数える単位

日本のみで用いられる意味

⑮「すけ(四等官で、国司の第二位。守(かみ)の次の位)

成り立ち

象形文字です。「よろいの中に入った」の象形から、「よろい」、

くぎる」、「なかだちする」を意味する「介」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「カイ

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「すけ」、「たす(ける)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
あき」、「かたし」、「かつ」、「たすく」、「ゆき」、「よし

画数

4画

部首

𠆢(ひとがしら(人頭)、ひとやね(人屋根))

「𠆢」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る