漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「怖」という漢字
「怖」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「怖」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「おそれる」(同意語:恐)

 ア:「危険を感じて不安になる

 イ:「よくないことが起こるのではないかと心配する

②「こわい

 ア:「それに近づくとよくない事が起きそうで近づきたくない

 イ:「悪い結果がでるのではないかと不安で避けたい気持ちである

 ウ:「気持ちが悪い

③「こわがる(こわいという気持ちを態度や表情に表す)

④「こわさ・寒さ・興奮などのために、身体や手足が震える

⑤「おどす」、「おどかす

 ア:「相手をおそれさせる

 イ:「びっくりさせる

成り立ち

形声文字です(忄()+)。「心臓」の象形と「木づちを手にする象形と

頭に巻く布にひもをつけて帯にさしこむ象形
」(木づちでつやを出した「ぬの」

の意味だが、ここでは、「怕」に通じ(「怕」と同じ意味を持つようになって)、

おそれる」の意味)から、「おそれる」を意味する「怖」という漢字が

成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載されていて
感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージできるアニメの絵
もあって
とてもわかりやすかったです。講座の受講は有料ですが、
資料は無料でもらえるので、ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】の
無料資料申し込みはこちらです




読み

音読み:「

常用漢字表外:「

訓読み:「こわ(い)

常用漢字表外:「お(じける)」、「おそ(れる)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

8画

部首

忄(りっしんべん(立心偏))

「忄」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る