漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「範」という漢字
「範」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「範」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「のり(法律、手本、おきて、決まり、法則、制度)」(例:模範、規範)

②「旅に出る時、道の神に伝えて、目的が達成できるように祈り願う事

③「金属を溶かして、ある作るに流し込む型

④「常(つね)(いつも変わらない・同じ)

⑤「区切り」、「さかい」、「仕切り」(例:範囲)

成り立ち

会意兼形声文字です(笵の省略形+)。「」の象形と「」の象形と

わく(枠)」の象形から、作るの模型を意味し、そこから、

手本(模範)」、「かた(型)」を意味する「範」という漢字が成り立ちました。


読み

音読み:「ハン

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「のり

名前(音読み・訓読み以外の読み):「すすむ

画数

15画

部首

竹(たけ、たけかんむり(竹冠))

「竹」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る