漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「酔/醉」という漢字
「酔/醉」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「酔」は中学生で習います。「醉」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「よう

 ア:「飲んだ酒のアルコール分が体中にまわり、正常な判断や行動が
    とれなくなったりする
」(例:泥酔)

 イ:「乗り物に揺られたり、人込みの熱気に当てられたりして
    気分が悪くなる


 ウ:「心を奪われる」、「理性・自制心を失う」(例:心酔)

 エ:「薬物のに感覚を失う」(例:麻酔)

②「よわす(酒で人が酔うようにさせる)

③「よい(酒などに酔う事。また、酔った状態)

成り立ち

会意兼形声文字です(+卆())。「酒器」の象形と「衣の字の下部

に一を付した
」文字(天寿をまっとうしたの死の時に用いる衣服の

さまから、「おわる」の意味)から、酒の量をまっとうする(終わる)の意味

も表し、そこから、「酒によう」を意味する「酔」という漢字が成り立ちました。

※「酔」は「醉」の略字です。

※「醉」は「酔」の旧字(以前に使われていた)です。


漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
【漢字の謎 解明講座】の資料も合わせてもらってみて下さい。

ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。

また、古代中国の歴史がイメージできるアニメの絵も
あって
とてもわかりやすかったです。

講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「スイ

訓読み:「よ(う)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

11画」(酔)

15画」(醉)

部首

酉(ひよみのとり(日読みの酉)、さけのとり(酒の酉)、とり、とりへん(酉偏))

「酉」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る