漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「酉」という漢字
「酉」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「酉」は常用漢字外(人名用漢字)です。「酉」は部首です。)

成り立ち読み方画数・部首解説
意味

①「とり

 ア:「十二支の10番目。ゆう。」(例:丁酉)

十二支とは、占いの道具として設定された
  ・酉・戌・の総称のいます 。

 イ:「方角の名前。西

 ウ:「時刻のの午後6ごろ、およびそのの2時間、
    または午後6時前後の2時間。


 エ:「陰暦(旧暦)8の別名

 オ:「「ア」に当たる

 カ:「酉の市(11の酉のわれる鷲 (おおとり) 神社(大鳥神社)
    の祭り)


②「。また、入れる壺。

成り立ち

象形文字です。「入れる」の象形から、「。また、

入れる壺。
」を意味する「酉」という漢字が成り立ちました。借り

(同じ読みの部分に当て字として使って)、「とり」の意味も表すように

なりました。


読み

音読み:「ユウ(イウ)」、「

訓読み:「とり

名前(音読み・訓読み以外の読み):「ちょう」、「なが」、「みのる

画数

7画

部首

酉(ひよみのとり(日読みの酉)、さけのとり(酒の酉)、とり、とりへん(酉偏))

「酉」を含む漢字一覧

部首解説:
「酉」をもとにして、類い、そのの発酵(食べ物が微生物の
働きによって分解されて変化する)させて造る食品、に関係する
漢字ができている。

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る