漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「宛」という漢字
「宛」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「宛」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「かがむ(屈)」、「屈める」(例:宛転)

②「曲がる」、「曲げる」(例:宛延)

③「あたかも

 ア:「あるものが他によく似ていることを表す。さながら。まるで。
   (例:宛然)

 イ:「ちょうどその時

④「そぞろ(これ といった理由もなしにそうなったり、そうしたり
  するさま。なんとなく。


⑤「従う」(例:宛転)

日本のみで用いられる意味

⑥「あてる」(同意語:)

 ア:「割り当てる

 イ:「当てはめる

 ウ:「名指しする」、「指名する

⑦「あて

 ア:「行動の目当て」、「目標」、「目的

 イ:「将来に対する見通し」、「先行きの見込み

 ウ:「心の中で期待している」、「頼り

 エ:「借金のかた(借金した際に、貸主に持っていかれるもの)

 オ:「名指し」、「指名」(例:宛名)

⑧「ずつ

 ア:「ある数量を等分に割り当てる意味を表す

 イ:「一定量に限って繰り返す意味を表す

成り立ち

会意兼形声文字です。「屋根・家屋」の象形と「月の半ば見える象形と

ひざまずく人の象形
」(「くつろぎ伏す」の意味)から、「屋内で身をくつろぎ

曲げて休む
」を意味する「宛」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
【漢字の謎 解明講座】の資料も合わせてもらってみて下さい。

ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。

また、古代中国の歴史がイメージできるアニメの絵も
あって
とてもわかりやすかったです。

講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「エン

訓読み:「あ(てる)

常用漢字表外:「あたか(も)」、「あて」、「さなが(ら)」、「ずつ

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「ひとし」、「ゆずる

画数

8画

部首

宀(うかんむり(ウ冠))

「宀」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る