漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「休」という漢字
「休」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「休」は小学1年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「やすむ

 ア:「憩う(仕事・活動を中断して、にする。
    ゆったりとくつろぐ。)。きゅう。
」(例:は休む、休憩)

 イ:「寝る」、「寝るに布団に入る」(例:、10に休んだ)

 ウ:「動き働き止まる

 エ:「欠席・欠勤する」(例:会社を休む)

 オ:「毎日、続けてきたことをしばらくしないでいる
   (例:勉強を一週間休む)

 カ:「病気が治る

②「やすめる

 ア:「や動物の活動を一時中断して、ゆったりと
    くつろぐ(にする)。ゆったりとくつろがせる。
    きゅう。
」(例:を休める、を休める、休日)

 イ:「利用されていない状態にする」(例:を休める)

 ウ:「穏やかにする」、「かせる

③「やすまる(身体や気持ちがいて穏やかになる)

④「活動を一定期間停止する。」(例:休職、休止)

⑤「仕事・官職を辞める」(例:休告、休致)

⑥「やすみ(休む)」(例:お休み)

⑦「幸い(幸せ)」、「喜び」、「喜ぶ」(例:休戚、休慶)

⑧「良い」、「麗(うるわ)しい」、「立派な」(例:休沢、休典)

⑨「やめよ」、「禁止の」、「なかれ(してはいけない)」(例:休道)

⑩「温める

⑪「嘆く(ひどく悲しむ)」、「かわいそうに思う

成り立ち

会意文字です(+)。「から」の象形と「大地を覆う」の

象形から、により、「やすむ」を意味する「休」という漢字が

成り立ちました。じて(派生して・新しい意味がかれて)、心身の

安息の意味から、「幸い」の意味も表すようになりました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「キュウ」、「

訓読み:「やす(む)」、「やす(まる)」、「やす(める)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
たね」、「のぶ」、「やすむ」、「よし

画数

6画

部首

亻(にんべん(人偏))

「亻」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る