漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「冴/冱」という漢字
「冴/冱」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「冴/冱」は常用漢字外です。「冴」は人名用漢字です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「凍る」、「寒い

②「塞ぐ

③「さえる(頭の働きや腕前があざやか、にごりなどがなくきわだって鮮やか、
  しんしんと冷える)


成り立ち

形声文字です(冫+(牙))。「氷の結晶」の象形と「木枠を交差させて組んだ

縄巻器
」の象形(「互いに」の意味だが、ここでは、「固(コ)」に通じ(同じ読み

持つ「固」と同じ意味を持つようになって)、「かたまる」の意味)から、「凍る」、

寒い」、「ふさぐ」、「ふさがる」を意味する「冱」という漢字が成り立ちました。

のちに、「互」の形が「牙」に変化して「冴」という漢字が成り立ちました。

※「冱」は「冴」の旧字(以前に使われていた)です。


漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「」、「

訓読み:「さ(える)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「さえ

画数

7画」(冴)

6画」(冱)

部首

冫(にすい(二水))

「冫」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る