漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「只」という漢字
「只」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「只」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「助字。語調を整えに、文中や文末に置く。読まない。

②「ただ

 ア:「そのことだけをするさま」、「そのことだけが行われるさま」、
   「ひたすら

 イ:「数量・程度などがごく少ないさま」、「わずかに」、「たった

 ウ:「条件をつけたりその一部を保留したりするときに用いる。ただし。

 エ:「取り立てて値打ちや意味がないこと」、「普通

 オ:「無事」、「何事もない事」(例:只では済まない)

 カ:「代金のいらないこと」、「無料

 キ:「限定の意味を表す。それだけ。」(例:只今)

成り立ち

指事文字です(+)。「の象形に二つに分かれているものの象形

を加え、「話すときの言葉の余韻(かすかに残る響き)」を示し、

文中・文末の助字に用いる。また、「ただ」と読み、「限定の意味」の

助字に用いる。


読み

音読み:「

訓読み:「ただ

名前(音読み・訓読み以外の読み):「これ

画数

5画

部首

口(くち、くちへん(口偏))

「口」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る