漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「灼」という漢字
「灼」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「灼」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「キュウ(やいと)(もぐさを肌に置いて火をつけ、その刺激で病気を治す法)
  (同意語:)

②「やく()」(例:灼熱)

③「あぶる

 ア:「火に当てて、暖めたり、乾かしたりする

 イ:「火に当てて軽く焼く

④「あきらか()」

⑤「さかんなさま()」

⑥「光り輝く」(例:灼灼)

成り立ち

形声文字です(+)。「燃え立つ」の象形と「物をすくい

とったひしゃくの象形
」(「すくう」の意味だが、ここでは、「」に

通じ(「」と同じ意味を持つようになって)、「明らか」の意味)から、

火が明るく輝く」を意味する「灼」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「シャク

訓読み:「あき(らか)」、「あらたか」、「やいと」、「や(く)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「あきら」、「あつ」、「てる

画数

7画

部首

火(ひ、ひへん(火偏))

「火」を含む漢字一覧

合わせてチェックしてみよう
」、「」、「

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る