漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「瑚」という漢字
「瑚」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「瑚」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「祭器(祭る行事に使う器)の名前

②「珊瑚(さんご)は サンゴ科サンゴ属の腔腸動物の総称。
  また、その骨軸。個虫が集まって樹状の群体をつくる。
  個虫が死んで石灰質(炭酸カルシウムを主成分として
  構成されるもの)の硬い骨軸が残ったものを装飾用に利用する。
  昔は、珊瑚樹とも呼んでいた。


成り立ち

会意兼形声文字です(王()+)。「3つの美しいたまを縦にひもで通した

象形(「」の意味)と「保存用の容器の象形とったの象形」から

穀物や肉などを盛って祭る行事に使う」を意味する「瑚」という

漢字が成り立ちました。


読み

音読み:「」、「

訓読み:なし

画数

13画

部首

玉・⺩(おう(王)、おうへん(王偏)、たま(玉)、たまへん(玉偏))

「玉・⺩」を含む漢字一覧

合わせてチェックしてみよう
」、「

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る