漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「因」という漢字
「因」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「因」は小学5年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「よる

 ア:「基づく」、「ふまえる(根拠とする)」、「従う

 イ:「頼む」、「頼る

 ウ:「就く(ある地位に身を置く)

②「起こり(の始まり)」、「もと(原因)」(例:起因、勝因)

③「ちなむ(関係がある、関連がある、縁がある)

④「身や心を寄せて頼りとするところ」、「頼みとする

⑤「手がかり」、「方法

⑥「」、「理由

⑦「よって・よりて(それが原因で)

[因・寄の使い分け](よる)

」・・・「基づく、根拠・原因となる。」(例:不注意に因る故)

」・・・「近づく。」(例:左へ寄る)

成り立ち

会意文字です(囗+)。「寝るときに下に敷く敷物(しとね)」の象形と

」の象形から、人がしとねに伏しているを表し、そこから、

よる(もとづく)」、「原因」を意味する「因」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「イン

訓読み:「よ(る)

常用漢字表外:「ちなみ」、「ちな(む)」、「よすが

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
なみ」、「ゆかり」、「よし」、「より」、「よる

画数

6画

部首

囗(くに(国)、くにがまえ(国構))

「囗」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る