漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「複」という漢字
「複」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「複」は小学5年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「重なる」、「重ね

 ア:「あるものの上に加える」(例:重複)

 イ:「入り組む」(例:複雑)

②「再び」、「2つ以上の」(例:複数)

③「綿入れ(布団などに綿を入れること防寒用に、表布 と裏布との
  間に綿を入れて仕立てた衣服
)」

④「裏のついた(2枚の布を合わせてってある服)

成り立ち

会意兼形声文字です(衤()+复)。「衣服のえりもと」の象形(「衣服」の

意味)と「ふっくらした酒ツボときのの象形」(「ひっくり返った酒ツボ

をもとに戻すさまから、「重ねる」、「ふたたび」の意味)から、かさね着を

意味し、そこから、「かさねる」を意味する「複」という漢字が成り立ちました。


読み

音読み:「フク

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「かさ(ねる)

画数

14画

部首

衤(ころもへん(衣偏))

「衤」を含む漢字一覧

書き順・書き方
美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶん ペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツが細かく記載されている
ので、とても美しい漢字が書けるようになりました。

他人からも《キレイな字だね》って褒められて、
すごく嬉しかった
です。

日本ペン習字研究会 会長:田中鳴舟先生が、

◇左右対称になる美しい漢字の書き方

◇バランスの良い漢字の書き方

◇美しい漢字を書く為の訓練法

非常に細かく解説してくれており、
それ(プロの教え)を実践したおかげだと強く感じました。

講座の受講は有料ですが、資料は無料
もらえるので、今すぐ、資料請求してみて下さい。

≪とても美しい漢字≫が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る