漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「識」という漢字
「識」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「識」は小学5年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「知る

 ア:「分け」、「悟る(理解する)」、「気がつく」(例:認識、面識)

 イ:「知り合う」、「交わる」(例:相識)

②「知る」、「知っている」(例:知識)

③「考え」、「考える力」、「知恵」(例:見識)

④「知覚(に注意深く考えをめぐらして知る)

⑤「感覚(目・耳・鼻・皮膚・舌などが身体の内外から
  受けた刺激を感じ取る働き)


⑥「しるす

 ア:「書きつける

 イ:「覚える

⑦「しるし(目印、記号、標識)

⑧「鐘や鼎(かなえ-中国の金属製の器)などに刻んだ文字

成り立ち

会意兼形声文字です(+戠)。「取っ手のある刃物・口の象形

(「(つつしん)で言う」の意味)と「枝のある木に支柱を添えた象形

とはた織り器具の象形
」(はたを「おる」の意味)から、言葉を縦横にして

織り出して、物事を「見分ける」、「知る」を意味する「識」という漢字が

成り立ちました。


読み

音読み:「シキ

常用漢字表外:「」、「ショク

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「し(る)」、「しる(す)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「さと」、「つね」、「のり

画数

19画

部首

言(ごんべん(言偏)、げん、ことば(言葉))

「言」を含む漢字一覧

書き順・書き方
美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶん ペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツが細かく記載されている
ので、とても美しい漢字が書けるようになりました。

以前は、《字が読みづらい》と指摘される事も多かった
のですが、無料資料に書いてある内容を実践して
からは、《キレイな字だね》と褒められてるように
なり、すごく嬉しかった
です。

日本ペン習字研究会 会長:田中鳴舟先生が、

◇左右対称になる美しい漢字の書き方

◇バランスの良い漢字の書き方

◇美しい漢字を書く為の訓練法

非常に細かく解説してくれており、
それ(プロの教え)を実践したおかげだと強く感じました。

読みづらくて汚い字だと、周りの評価も低くなってしまう
ので、参考にしてみて下さいね。


≪とても美しい漢字≫が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る