漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「領」という漢字
「領」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「領」は小学5年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「

②「うなじ(首の後ろの部分)」、「首筋

③「えり(衣服の首に触れる部分)

④「そろい・かさね(衣服を数える語)」(一領は、一そろい・一かさね)

⑤「治める(収納する、手に入れる、世の中や家の中等を管理(順序
  や決まり)の行き届いた状態にする)


⑥「支配する」、「全体をまとめ率いる」、「取り締まる」(例:統領)

⑦「受ける」(例:受領)

⑧「さとる(理解する)」(例:領解)

⑨「大事な所」、「要点」(例:要領)

⑩「生まれつきのもの」、「才能」、「技量」(例:本領)

⑪「かしら」、「おさ

⑫「ずきん」、「頭にかぶる布

⑬「みね(峰)(山の山頂)」(同意語:嶺(レイ))

日本のみで用いられる意味

⑭「リョウす

 ア:「自分のものとする

 イ:「取りつく(しっかりとつかまる、新しいを始める)

 ウ:「乗り移る

成り立ち

会意兼形声文字です(+)。「頭上の冠の象形とひざまずく人の

象形
」(「人が神の神意を聞く」の意味)と「人の頭部を強調した」象形

(「」の意味)から、「うなじ(首の後ろの部分)」を意味する

「領」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載されて
いて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージできる
アニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。漢字の面白さ
が無限に広がる、もらって大満足
の資料となっております。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】の
無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「リョウ

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:
うなじ」、「えり」、「う(ける)」、「おさ(める)」、「かしら」、「かなめ

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「むね

画数

14画

部首

頁(おおがい(大貝)、いちのかい(一ノ貝))

「頁」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る