漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「判」という漢字
「判」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「判」は小学5年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「分かれる(1つだったものが、別々の区別できるまとまりとなる)

②「分ける(分かつ)」、「分け」、「区別する

③「裁く(善悪・正しいか、正しくないかを判断する)」、「裁き」(例:審判)

④「決める」、「定める

⑤「決め」、「定め

⑥「半分」、「かたわれ

日本のみで用いられる意味

⑦「ハン(その一面に文字やシンボルを彫刻し、個人・官職・団体のしるし
  として公私の文書に押して痕跡(印影・印痕)を残すことにより、
  その責任や権威を証明するもの)


⑧「バン

 ア:「昔の金貨の称」(例:大判、小判)

 イ:「紙などの大きさの称」(例:大判、A5判)

⑨「わかる」、「理解する

[分・解・判の使い分け](わかる)

「解」・・「複雑な事がはっきりする」(例:方程式が解る)

「判」・・「はっきりと区別出来る」(例:違いが判る、犯人が判る)

「分」・・「解」・「判」に置き換えて使う事ができる。また、
     人の言うこと・考えを理解して受け入れる際も「分」を
     使う。(例:国語の問題が分かる、冗談が分かる)

成り立ち

会意兼形声文字です(+刂())。「2つに分かれていると角のある牛の象形

(牛のように大きな物を2つに「分ける」の意味)と「」の象形から、

はっきり「分ける」を意味する「判」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「ハン」、「バン

訓読み:常用漢字表内はなし。

常用漢字表外:「わか(る)」、「わ(ける)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「さだ」、「ちか」、「なか」、「ゆき

画数

7画

部首

刂(りっとう(立刀))

「刂」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る