漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「俳」という漢字
「俳」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「俳」は小学6年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「わざおぎ(面白い事をして、歌い舞い、神や人を楽しませる)」、
  「俳優」、「役者」、「芸人

②「面白い事を言ったり、したりする

③「さまよう( あてもなく歩きまわる)」、「ぶらつく」(同意語:徘)

④「ざれ歌(面白味のある歌)」、「俳諧連歌(身近な面白味を
  主とする連歌)


※連歌とは、詩歌の式の一つ。五・七・五の長句と七・七の短句とを
 別人が交互に詠んで連ね、一つの作品とする。

⑤「俳句(五・七・五の3句17音を定型とする短詩。
  季節に関する語を入れることを原則とする)


成り立ち

会意兼形声文字です(+)。「から」の象形と「互いに背を向け

左右に開く
」象形(「そむく」の意味)から常識にそむいた一風変わったふるまい

をする、「俳優」、「芸人」を意味する「俳」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載されて
いて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージできる
アニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。漢字の面白さ
が無限に広がる、もらって大満足
の資料となっております。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】の
無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「ハイ

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「たわむ(れ)」、「わざおぎ

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

10画

部首

亻(にんべん(人偏))

「亻」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る