漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「抜/拔」という漢字
「抜/拔」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「抜」は中学生で習います。「拔」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「ぬく

 ア:「中にはいっているもの、はまっているもの、刺さっているものを
    引っ張って取る


 イ:「中に満ちていたり含まれていたりするものを外へ出す

 ウ:「中にはいっている金品をこっそり盗み取る

 エ:「多くのものの中から必要なものを選び取る

 オ:「今まであったもの、付いていたものを除き去る

 カ:「手順などを省く」、「省略する

 キ:「前にいる者やの者に追いつき、さらにその先に出たり、
    そのになったりする


 ク:「力などが他よりすぐれている

 ケ:「突き通して向こう側へ出るようにする

 コ:「あるとして取り出す

 サ:「攻め落とす」、「奪い取る

 シ:「囲碁で、相手の死んだ石を取る

 ス:「最後までやりとおす

②「ぬける

 ア:「中にはまっていたものや、ついていたものが離れて取れる

 イ:「中に満ちていたり含まれたりしていたものが外へ出る

 ウ:「押している状態のまま、押す力が消える

 エ:「ある傾向・習慣・くせや力などがなくなる

 オ:「本来あるべきもの、必要なものが漏れたり欠けたりしている

 カ:「離れる」(例:組合を抜ける)

 キ:「一方の側から他方の側へ通って出る

 ク:「知識が十分に働かない

 ケ:「どこまでも続いている

 コ:「他が及ばないほどすぐれている

③「助ける」、「救う

④「手に取る

⑤「速い」、「すみやか

⑥「宿る(旅先で泊まる)

⑦「やはず(弓の端で矢の弦を受ける部分)

日本のみで用いられる意味

⑧「ぬかす

 ア:「入れるべきものを入れない」、「漏らす」、「間を飛ばす

 イ:「力などを失わせる」(例:びっくりして腰を抜かす)

 ウ:「言う」(例:何を抜かす)

⑨「ぬかる(失敗する)

成り立ち

会意兼形声文字です(扌()+友(犮))。「5本の指のある手」の象形と「犬を

はりつけにした
」象形(犬をいけにえにして災害を取り除く形から、「ぬきさる

の意味)から、「手で抜き取る」を意味する「抜」という漢字が成り立ちました。

※「抜」は「拔」の略字です。

※「拔」は「抜」の旧字(以前に使われていた)です。


読み

音読み:「バツ

常用漢字表外:「ハツ

訓読み:「ぬ(かす)」、「ぬ(かる)」、「ぬ(く)」、「ぬ(ける)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「やはず

画数

7画」(抜)

8画」(拔)

部首

扌(てへん(手偏))

「扌」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る