漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「巨」という漢字
「巨」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「巨」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「おおきい」(例:巨人)

②「さしがね(工具の。金属製で目盛りがついており、材木などの
  長さを測るもの)
」、「ものさし」、「定規

③「なんぞ(反語の意味を表す)

成り立ち

象形文字です。「とってのあるさしがね・定規」の象形から、

さしがね」、「定規」の意味する「巨」という漢字が成り立ちました。

借りて(同じ読みの部分に当て字として使って)、「大きい」の意味も

表すようになりました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「キョ

常用漢字表外:「

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「おお(い)」、「おお(きい)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
」、「おう」、「なお」、「ひろ」、「まさ」、「

画数

5画

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る