漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「傍」という漢字
「傍」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「傍」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「かたわら

 ア:「そば」、「すぐ近く」(例:傍聴)

 イ:「端によった所」(例:道の傍らに花が咲いている)

 ウ:「主となるを行っていて、その空いた時間に(合間に)
   (例:学校に通う傍ら家事を手伝う)

②「つくり(左右にわせてできている漢字の大体、右側の部分)

③「そう(寄る、そば近くに寄り添う)

成り立ち

会意兼形声文字です(+旁)。「から」の象形と「帆(風を受ける

ための大きな布)の象形と柄のある農具:すきの象形(並んで耕す事から

「並ぶ・かたわら」の意味)
」(「左右に広がった部分・かたわら」の意味)

から、「かたわら」、「よりそう」を意味する「傍」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえますので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「ボウ

常用漢字表外:「ホウ

訓読み:「かたわ(ら)

常用漢字表外:「そ(う)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「かた」、「ちか

画数

12画

部首

亻(にんべん(人偏))

「亻」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る