漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「脚」という漢字
「脚」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「脚」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「キャク」、「キャ

 ア:「すね

 イ:「あし全体」(例:脚下)

 ウ:「物の下について、支えの役割をなすもの」(例:橋脚)

 エ:「物の下部」(例:脚注、山脚)

 オ:「歩み」、「歩行」、「通り過ぎる」(例:運脚)

 カ:「立場」、「身の置き場」(例:失脚)

②「あし

 ア:「物の下について、支えの役割をなすもの」(例:椅子の脚)

 イ:「人間・動物以外が、通り過ぎる」(例:雲脚(くもあし))

③「あしのある器物を数える」(例:机二脚)

④「役者」、「俳優

[足・脚の使い分け](あし)

」・・・「人間や動物のあし。また、その動き。」(例:足音)

」・・・「物を支える部分。人間・動物以外の動き。」(例:机の脚、雨脚)

成り立ち

会意兼形声文字です(月()+)。「った」の象形と「両手両足を

広げたの象形と口の象形ひざまずく人の象形
」(「あとずさる」の意味)

から、あとずさりする時に使う肉体:「あし」を意味する「脚」という漢字が

成り立ちました。


読み

音読み:「キャ」、「キャク

常用漢字表外:「カク

訓読み:「あし

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「

画数

11画

部首

月(つき、つきへん(月偏)、にくづき(肉月))

「月」を含む漢字一覧

漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る