漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「被」という漢字
「被」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「被」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「おおう

 ア:「あるものが一面に広がりかぶさってその下のものを隠す

 イ:「表面にあるを広げて、そのを外からさえぎられた状態にする

 ウ:「すみずみまで行き渡って、いっぱいに満たす

 エ:「本当のことがわからないように、つつみ隠す

 オ:「全体をつつみ含む

 カ:「広く行き渡らせる

②「かぶる

 ア:「頭や顔などにそれを覆うものを載せる。また、全体をすっぽり覆う

 イ:「頭からからだ全体にかけて受ける」、「ほこり・水などを浴びる
   (例:水を被る)

 ウ:「本来は引き受けなくて済むものを、身に受ける」、「こうむる
   (例:他人の失敗をかぶる)

 エ:「写真でカメラの欠陥などの、画面が曇ってぼやける
   (例:この写真はかぶっている)

 オ:「重なる」、「重複する」(例:キャラが被る、色が被る)

③「かぶせる

 ア:「上から覆うように物を載せる

 イ:「全体に注ぎかける

 ウ:「重複させる」、「重ねさせる」(例:言葉を被せるな、映像に音楽を被せる)

 エ:「人に罪や責任を負わせる」(例:人に罪を被せる)

④「こうむる

 ア:「他人から、行為や幸福や利益をもたらすものなどを受ける」、「頂く

 イ:「災い(人に不幸をもたらす)を身に受ける

 ウ:「頭からかぶる

 エ:「着る」、「身に着ける

 オ:「背負う

 カ:「及ぶ

 キ:「合う

 ク:「加える

⑤「おおい(おおう物)

⑥「かつら(頭の髪の少ない人や芝居などで髪形を変えるためにかぶる)

⑦「る・らる(~される)

成り立ち

会意兼形声文字です(衤()+)。「衣服のえりもと」の象形(「衣服」の意味)

と「獣の皮を手ではぎとる」象形(「」の意味)から、「毛皮のように覆う夜着」、

着る」を意味する「被」という漢字が成り立ちました。


読み

音読み:「

訓読み:「こうむ(る)

常用漢字表外:「おお(う)」、「かぶ(る)」、「かぶ(せる)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

10画

部首

衤(ころもへん(衣偏))

「衤」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る