漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「韻」という漢字
「韻」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「韻」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「ひびき

 ア:「音色(発音体の違い、あるいは同じ発音体でも音の出し方
    によって生じる、音の感覚的な特性


 イ:「調子(音の高低のぐあい。また、音の速さのぐあい。 リズム)

②「漢字の表す1音節のうち、頭子音を除いた部分の声調の違いによって、
  平(ひょう)・上(じょう)・去(きょ)・入(にゅう)の四声に分類した区別。
  これをさらに分けて、古くは206韻としていたが、のちに整理されて106
  または107韻となった。


③「詩歌で、同一または類似の音を、一定の位置に繰り返し用いること」(例:韻文)

④「おもむき(自然と作り出される(いい)雰囲気)」、「様子」(例:風韻)

⑤「味わいやおもしろみが出るように工夫すること

⑥「風流・風雅(上品で美しいさま)

成り立ち

会意兼形声文字です(+)。「取っ手のある刃物の象形と口に縦線を

加えた文字
」(「音(おと)」の意味)と「丸い口の象形と鼎(かなえ-古代中国の

金属製の器)の象形
」(「丸い鼎」の意味)から、「まろやかな音」を意味する

「韻」という漢字が成り立ちました。


読み

音読み:「イン

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「ひびき

名前(音読み・訓読み以外の読み):「おと

画数

19画

部首

音(おと、おとへん(音偏))

「音」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る